Line

年齢で異なる結婚相談所での立ち回り

0 2月 6th, 2014

結婚相談所には老若男女問わず様々な人が訪れます。例えば若い人だと20代から、年配の方だと40代や50代の人まで本当に利用者層はまちまちで、最も人口が多いのは30代の層だと言われています。ただ同じ結婚相談所を利用するのであっても、20代の人と30代の人、そして40代の人では求められる要素や立ち振る舞いが少し違ってきます。その為ここではそれぞれの年齢層に求められる立ち振る舞いを比較してみます。


結婚相談所における若さは武器ではあるけれど

まず20代の若い人というのは「若い」というだけで他の利用者より比較的にアドバンテージがあると言えます。しかし結婚相談所でありがちなのは若さに頼りすぎた婚活をする人。例えば過剰な元気アピールや露出の高い服装は確かに若さを際立たせます、しかし結婚相談所には他の婚活支援に比べてより真剣な交際を求めて参加している人が多いので、結婚相手としてはどうだろう?と特に年配の人ほど感じてしまいます。その為どちらかというと若さよりは年の割にしっかりしている、落ち着いているといった印象を相手に与えるほうが若い人の立ち回りとしては有効だと言います。


求められるのはオリジナリティ

逆に40代の結婚相談所というのは何か一つ自分にしかないオリジナリティがあると有利に運べます。周りの参加者と同じ条件なら例えば若い方だとか、外見が良い方といった具合に相手が見つかってしまいます。その為例えば趣味であったり、価値観であったり自分が自分でないとダメだ、と相手に思わせる要素が必要になってきます。その為話しかけるにしても好みや趣味からアプローチしていくのが良いでしょう。

Comments are closed.